新潟県神社探訪

住吉神社(五泉市村松甲〈むらまつこう〉)

村松町住吉神社
住吉神社は,旧村松町の寺町の南のはずれに鎮座する。南に日枝神社が隣接する。
「神社明細帳」(明治十八年)に「中蒲原郡村松町鎮坐 村社・住吉神社」とある。
大同元年(806)の創立と伝える。正保二年(1645),二代藩主・堀直吉が祖霊を配祀して崇敬した。
初め別の場所にあったが,寛文四年(1664)に現在地に遷座した。村民は「殿様のお宮」として親しんだという。
祭神は,住吉三神(底筒男命,中筒男命,表筒男命)と息長足姫尊,および村松藩ゆかりの奥田種重と堀直寄である。
明治八年(1875)に村社に列せられた。
住吉神社拝殿住吉神社拝殿部分
天保九年(1838)の拝殿は唐破風を持つ豪華なもので,本殿とともに村松町の有形文化財に指定(平成四年)された。棟梁は五代目小黒杢右衛門勤である。
拝殿横には松尾大明神(大山咋神,中津島媛命)が祭られている。

村松町住吉神社本殿住吉神社本殿
細部まで丹念な装飾が施された総ケヤキ造りの本殿は,拝殿より古く,天明八年(1788)の建築で,棟梁は四代目小黒杢右衛門勤である。

(新潟県五泉市村松甲5959,蒲原鉄道バス村松駅から徒歩20分)
2005.5.4

参考:住吉信仰とは?


新潟県神社探訪