大分神社探訪

天満社(大分市家島〈いえじま〉)

大分市家島の天満社社頭
天満社は,JR(日豊本線)鶴崎駅の北北東2.5キロメートル,家島地区の中央の下村地区に鎮座する。
菅原道真公を祭神とする家島地区の産土神である。明治十年(1877)に消失し,同十二年に再建された。
大分市家島の天満社社殿大分市家島の天満社拝殿内部
大分市家島の天満社本殿大分市家島の天満社社殿

大分市家島の天満社の境内社大分市家島の天満社の境内社大分市家島の天満社の境内社
本社の他に境内社が並ぶが,祭神などの詳細は不明。
大分市家島の天満社の狛犬(吽形)大分市家島の天満社の狛犬(阿形)
狛犬の台座には「昭和四十年四月」と刻されている。

(大分県大分市家島802)
2014年4月1日


大分神社探訪