大分神社探訪

岩崎神社(宇佐市岩崎〈いわさき〉)

宇佐市上岩崎の岩崎神社一の鳥居
岩崎神社は,JR(日豊本線)宇佐駅の西,500メートルに鎮座する。
一の鳥居(明治三十年)の額には「若八幡宮」とある。
養老三年(719),大隅,日向が反乱し,朝廷は翌年,宇佐神宮に平定を祈念した。宇佐神宮の神霊を奉じて乱を平定しての帰途,養老七年(723)にこの地に荒霊をとどめたのが当社の起源である。
祭神は,誉田別天皇(応神天皇),息長足姫命,大鷦鷯天皇,大葉枝皇子,小葉枝皇子,䳄鳥皇女,多紀理毘売命,市杵島姫命,多紀津姫命,倉稲魂命,大宮毘売命,大田命,天水分神である。
このうち,倉稲魂命,大宮毘売命,大田命,天水分神は明治四十四年(1911)に合祀したものである。
宇佐市上岩崎の岩崎神社参道
土手の下に二の鳥居が建つ。
宇佐市上岩崎の岩崎神社
参道が右に折れ,狛犬が守る門がある。
宇佐市上岩崎の岩崎神社拝殿
宇佐市上岩崎の岩崎神社本殿宇佐市上岩崎の岩崎神社本殿細部
横に長い拝殿の背後に,朱塗りの美しい本殿が建っている。
垣の内側には,本殿のほか,境内社や石祠がいくつかある。
「市史」は八社の境内社を記録する。貴船神社,金刀毘羅宮,菅原神社,出雲神社,天祖社,稲荷社,玉垂社,稲荷社である。

宇佐市上岩崎の岩崎神社狛犬(吽像)宇佐市上岩崎の岩崎神社狛犬(阿像)

(大分県宇佐市岩崎)
2012.3.16, 2017.6.14


宇佐市の神社