大分神社探訪

矢崎の天満神社(宇佐市安心院町矢崎〈あじむまちやざき〉)

安心院町矢崎の天満社鳥居の前
天満神社は,安心院町の矢崎地区に鎮座する。宇佐別府道路の安心院インターの北東約1キロメートルである。
社地は周囲より一段高く造られている。社殿までまっすぐに参道が続き,梅が満開である。
矢崎の天満神社拝殿矢崎の天満社拝殿内部
拝殿部分は開放的な構造で,「天満神社」の額が見える。
矢崎の天満神社本殿矢崎の天満神社本殿
拝殿の奥に建つ流れ造りの本殿は,朱が施されている。

矢崎の天満神社狛犬(吽像)矢崎の天満神社狛犬(阿像)
参道の途中に狛犬がある。
矢崎の天満神社仁王像(吽像)仁王像(阿像)
拝殿の前に一対の仁王像が建っている。背面の刻字によると文政年間(1818-1829)の奉納である。

(大分県宇佐市安心院町矢崎)
2009年2月28日


宇佐市の神社