大分神社探訪

熊野神社(宇佐市安心院町東椎屋〈あじむまちひがししいや〉)

東椎屋の熊野神社
熊野神社は,安心院町の東椎屋地区に鎮座する。鎮座地は,別府から安心院に抜ける国道の東椎屋ノ滝への入り口である。
天元二年(979)に出雲の熊野大社から勧請したと伝える。
祭神は経津主命,伊弉諾命,伊弉冉命である。なお,町史には末社として秋葉社,若宮八幡,八神社,三島社が記載されている。本殿の脇に石祠がいくつか並んでいるが,社殿らしきものは見当たらない。本社に合祀されたのだろうか。
東椎屋の熊野神社拝殿正面東椎屋の熊野神社本殿
開放的な拝殿の奥に流造りの本殿が建っている。

東椎屋の熊野神社狛犬(吽形)東椎屋の熊野神社狛犬(阿形)
玉乗り型の狛犬は,台座に「昭和十五年十二月」と刻されている。
東椎屋の熊野神社境内
境内にイチイガシの巨木が2本あり,樹齢400年〜500年と推定されている。

(大分県宇佐市安心院町東椎屋)
2009年2月28日


宇佐市の神社