大分市神社探訪

子子神社(大分市鴛野〈おしの)

鴛野の子子神社
子子神社(ししじんじゃ)は,敷戸駅の南600メートル,国道10号線の脇に鎮座する。
光仁天皇の御代(770-781),全国に京都の祇園社(八坂神社)の分霊を祭ったが,豊後古国府(ふるごう)にも祇園社が創建された(→大分市上野の弥栄神社)。
天正年間,津島氏が豊後に侵攻したさい,古国府の祇園社を敷戸の地に避難させた縁で,ここに分霊を祭ることになったという。
鴛野の子子神社鴛野の子子神社境内
崖下の狭い場所に簡素な社殿が建っている。

(大分市鴛野)
2008年3月30日

参考:祇園信仰とは?


大分市神社探訪