大分神社探訪

若宮神社宇佐神宮境内)

宇佐神宮境内摂社若宮神社
若宮神社は宇佐神宮の境内摂社である。
下宮上宮の中間に位置する。
祭神は応神天皇(八幡大神)の御子,大鷦鷯命,大葉枝皇子,小葉枝皇子,隼別皇子,雌姫皇女の五柱が合祀されている。
大鷦鷯命(仁徳天皇)の母は皇后の仲姫命,大葉枝皇子と小葉枝皇子の母は日向泉長媛,隼別皇子の母は糸媛,雌姫皇女の母は宮主宅媛である。
仁壽二年(852)の創建と伝える。
なお,同じく応神天皇の御子である菟道稚郎子命(うぢのわきいらつこ)春宮神社に祀られている。
若宮神社
社殿は国指定の重要文化財である。

2003.11.14, 2017.6.14


宇佐市の神社