大分神社探訪

大尾神社(宇佐市南宇佐〈みなみうさ〉)

大尾(おを)神社は,宇佐神宮の摂社である。
宇佐神宮の東方に大尾山と称する丘陵がある。ここは八幡神が一時鎮座した場所である。
東大寺大仏建立に助力した八幡神は大仏開眼後,宇佐に戻ったが,神託によってこの大尾山に遷座することになり,山上に本殿を造営した(765年)。
大尾山
ちょうどこのころ称徳天皇(女帝)の寵を得た怪僧道鏡は,皇位を窺うほどの権力を握った。神護景雲三年(769年),称徳天皇が和気清麻呂(わけきよまろ)をこの地に派遣して神意を問うたところ「道鏡は悖逆無道,日嗣は皇統から出せ」という八幡神の託宣があった。帰京して神託を報告した和気清麻呂は左遷されたが,天皇は道鏡への譲位をあきらめ,翌年,称徳天皇が崩じると道鏡も失脚した。
大尾神社大尾神社本殿
神託事件の後,八幡神は本宮に戻ったが,神託を得たこの地を聖地とし,八幡神を分霊して祀ったのが大尾神社である。
大尾山には和気清麻呂を祭神とする護王神社や,清麻呂をたたえる石碑「和氣公之碑」(元帥大勲位東郷平八郎書)もある。

(大分県宇佐市南宇佐,JR宇佐駅より徒歩30分)
2003.11.14


大分神社探訪