大分神社探訪

宇佐神宮下宮宇佐神宮境内)

宇佐神宮下宮参道
宇佐神宮上宮に至る表参道が東に向きを変える所で,上宮への参道をはずれて少し下った所に下宮(げぐう),御炊殿(みけでん)と称する場所がある。
弘仁年間(810-824)に上宮の三神を分霊して創建したという。
宇佐神宮下宮参道
上宮と同じ三神を祭っている。上宮を簡素にしたような構成である。
回廊の中に本殿が横に三つ並んでおり,向かって左から,応神天皇(八幡大神),比賣大神,神功皇后をそれぞれ祀る。
応神天皇を祀る一之御殿の横には大神比義を祀る大神祖神社がある。
宇佐神宮下宮本殿
本殿の様式は,二棟連結型(八幡造り)の上宮とは異なり,単棟構造である。

2003.11.14, 2017.6.14


宇佐市の神社