大分神社探訪

宇佐神宮(宇佐市南宇佐〈みなみうさ〉)

宇佐神宮一の鳥居
宇佐神宮(うさじんぐう)は,JR(日豊本線)宇佐駅の西南西3.5キロメートルの小倉山に鎮座する。全国の八幡系神社の総本社である。
神代に比賣大神が降臨したのを祀ったのが起源だと伝えるが,その本来の神格については不明な点が多い。(参考:八幡信仰とは?
『延喜式』(神名帳)の豊前国(六座)の内の「宇佐郡三座」として「八幡大菩薩宇佐宮」「比賣神社」「大帶姫廟神社」とある(いずれも「名神大社」)三座が現在の宇佐神宮である。
初め現社地の西方1キロメートル,駅館川右岸の鷹居神社(宇佐市上田)に鎮座し,その後,南方約1キロメートルの小山田神社(宇佐市小向野)に移り,さらに神亀二年(725)に現在地(小倉山)に定まった。
やや遅れて比賣大神(宗像三女神ともされるが異説もある)が祭祀の対象に加わった。
神功皇后(大帯姫)が祀られるのは約百年後の弘仁十四年(823)とされている。

祭祀の形態が整う過程で,突然「宇佐神は応神天皇である」という神託が下り,宇佐神宮は朝廷との結びつきを強めていった。
奈良東大寺の大仏建立(745年)のさいには,宇佐神が奈良に入って鋳造技術の問題を解決した。
大仏完成後は,東大寺の守護として平城京近くに手向山八幡宮が勧請された。
また,称徳天皇の時,皇位をうかがう道鏡(どうきょう)の野心をくじく神託が下った一件(769年)も有名である(→大尾神社)。
九世紀には豊後(大分市)の柞原八幡宮(ゆすはらはちまんぐう)に,さらに京都の岩清水八幡宮に,それぞれ分霊勧請して信仰拡大の地歩を築いた。
宇佐神宮参道
長大な参道を進む。鳥居に額束がないのが八幡様式(宇佐鳥居)である。
宇佐神宮西大門
文禄年間(1592-1596)の造営という西大門(大分県の重要文化財)をくぐると,左奥に本殿を囲む回廊が見えてくる。
参道を少し下ったところに鎮座する下宮に対して,ここは「上宮」と呼ばれる。宇佐神宮の中心である。
宇佐神宮上宮宇佐神宮上宮
回廊の中央に聳えるのが南中楼門(勅使門)で,この門は高良大明神と阿蘇大明神を祀る善神王神社(ぜじんおうじんじゃ)でもある。
上宮の本殿は回廊の内側に並んでいる。
楼門の背後に位置する「二之御殿」(733年創建)は,前面に申殿(もうしでん)があり最も豪華であるが,これは応神天皇(八幡大神)ではなく比賣大神を祀る社殿である。
宇佐神宮一之御殿
上の写真は,左が比賣大神を祀る中央の「二之御殿」で,右が神功皇后を祀る「三之御殿」(823年創建)。
宇佐神宮の参拝の作法は一般の神社とは異なり「二拝四拍手一拝」とされる。(出雲大社や新潟の弥彦神社も同様の作法とされている。)

宇佐神宮一之御殿
本殿を真横から見ると,二つの屋根が前後に連結されたいわゆる「八幡造」の様式がよくわかる。
写真は応神天皇が鎮座する「一之御殿」の屋根。
宇佐神宮は早くから式年遷宮が繰り返され,戦乱によってその制が絶えた後も大名による建て替えが続いた。
国宝に指定されている現在の本殿は,文久三年(1863)の竣工である。
回廊の内側にあるため全貌が見えないが,大分市の柞原八幡宮で同じ様式の本殿を間近に見ることができる。
柞原八幡宮本殿
写真は柞原八幡宮の本殿(嘉永三年〈1850〉,国の重要文化財)。

(大分県宇佐市南宇佐2859)
2003.11.14, 2017.6.14
八幡総本宮 宇佐神宮(公式サイト)


宇佐市の神社