おおいた百景

南蛮ガラス館(廃業)

南蛮ガラス館
16世紀半ばの大分は南蛮貿易でにぎわっていたが,このガラス館の付近に,積み荷をおろす小舟の停泊地があったとされている。
1994年,ポルトガル友好450周年を記念して開業し,日用品や高級装飾品の展示販売,製作実演などをおこなっていた。2001年5月に閉館した。

(大分市千代町1-2-30,JR大分駅から徒歩15分)
2001年3月31日


おおいた百景