おおいた百景

大分市美術館(大分市上野〈うえの〉)

大分市美術館
大分の市街地を見おろす上野の台地に建てられた大分市美術館は,その周囲に広がる森の澄んだ空気と,高崎山や由布岳・鶴見岳の眺望という立地条件に恵まれている。
ここを訪れる楽しみは,館内の美術品の鑑賞にとどまらない。天気がよければ,周囲に広がる整備された上野丘公園(うえのがおかこうえん)にも足をのばし,ゆっくりとした半日を過ごしたい。周囲の景観は特筆ものである。
館内には,南欧料理を提供するしゃれたレストラン「O' PULPO」(オ・プルポ)もある。

大分市美術館由布岳を望む
威圧感のない開放的な姿は,内井昭蔵氏の設計による。1999年2月開館。
収蔵品は,大分ゆかりの作家のものが多く,常設展示として,福田平八郎や高山辰雄の絵画,生野祥雲斎の竹工芸,田能村竹田や帆足杏雨の文人画などを見ることができる。

大分市美術館
左に写っている火星人のようなものは,美術館のシンボルマークの「Oちゃん(オーちゃん)」。

(大分市大字上野865番地,JR 大分駅から徒歩20分)
2001年3月30日,2002年11月17日


おおいた百景