おおいた百景

かんたん港の笠縫島(大分市生石港町〈いくしみなとまち〉)

笠縫の島
このあたりは菡萏(かんたん)という珍しい地名の港町である。海岸のすぐそばに唐突に岩山が屹立している。
ここから高崎山や別府湾の眺めもよく,この岩が高市連黒人(たけちのむらじ・くろひと)の歌にある「笠縫の島」ではないかとされている。
手前の石は,高市黒人の歌を刻したもの。

四極山(しはつやま)うち越え見れば
笠縫の島こぎかくる
棚無し小舟

生目神社
山の脇に生目神社と称する小さな石祠がある。

菡萏(かんたん)遊郭

かつてこの地は風光明媚で知られ,明治十七年(1884)にここに港が開かれてからはいっそうにぎわいを見せたという。
かんたん遊郭の名残かんたん遊郭の名残
今わずかに残る建物によって,当時の菡萏遊郭のにぎわいを偲ぶことができる。

(大分市生石港町,JR西大分駅より徒歩5分)
2003年11月13日


おおいた百景