新潟市神社探訪

横越神社(新潟市江南区横越中央〈よこごしちゅうおう〉)

新潟市横越中央の横越神社
横越神社は,旧横越町の中心部,横雲橋のたもとに鎮座する。
「神社明細帳」(明治十七年)に「中蒲原郡横越村字上郷 無格社・熊野若宮社」とある。
祭神は伊弉冉尊,事解男命,速玉男命である。
かつては字宮原に鎮座したが,明治元年(1868)に焼失した。明治五年(1872)に村社に列せられた。
同七年(1874),この地に祭られていた神明社(豊受大神)に合併され「熊野若宮社神明社合殿」となった。
この時,字下郷の諏訪社(健御名方命)も合併となったが,同十二年,復旧となった。
明治四十一年(1908),下郷の諏訪社が当社に合併となった。字上郷にも諏訪社(健御名方命)が鎮座したが,これも合併となった。

大正八年(1919)境内の金刀比羅神社稲荷神社合殿(金山彦命,倉稲魂命,崇徳天皇,宇迦魂命,建御名方命,市杵嶌命,大山祇命)を合併した。
大正十年(1921)に横越神社と改称した。
横越東町の横越神社社殿横越神社拝殿彫刻
横越神社本殿横越神社本殿屋根装飾
本殿は神明造である。

(新潟県新潟市江南区横越中央五丁目6-22)
2006.7.1


新潟市神社探訪