新潟市神社探訪

矢代田神社(新潟市秋葉区矢代田〈やしろだ〉)

矢代田神社
旧小須戸町の矢代田神社は,矢代田駅の南700メートルに鎮座する。社地は小高い丘になっている。
もとこの場所(十二屋敷)には神明社が鎮座した。「神社明細帳」(明治十六年)に「中蒲原郡矢代田村字十二屋敷 無格社 神明社」として記録されている。
祭神は天照皇大神である。
矢代田地区には多くの神社があったが,明治の末に合併が進み,明治末に字通上の早尾社(猿田彦命),字本地の稲荷社(倉稲魂命)と草薙社(日本武尊),字十二屋敷の十二神社(大山祇命)が神明社に合併された。
くだって昭和四十六年(1971)にも矢代田地区の神社合祀が実施され,あらたに「矢代田神社」が建てられた。
この時,天ヶ沢新田の飛地である兎谷の諏訪社(健御名方命)と本地の八幡宮が合祀された。
このうち本地の八幡宮(誉田和気尊)には,明治末に三分一の十二神社(大山祇命)と稲荷社(倉稲魂命)を合併した神明宮(天照皇大神)が合祀されていた。
矢代田神社拝殿矢代田神社

諏訪神社社殿伊夜日子大明神
境内には稲荷神社を始め,合祀の経緯を伝えるいくつかの境内社や石塔・石祠が集められている。
「伊夜日子大明神」は,西蒲原の弥彦神社から勧請したのであろう。

(新潟県新潟市秋葉区矢代田)
2005.5.1


新潟市神社探訪